地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、奈良の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

奈良の地域情報サイト「まいぷれ」奈良・生駒

奈良市のおすすめランチ

『丹永亭』で美味しいうどんを堪能ランチ【押熊】

「うどんがおいしい。」 その一言で全てが語れるうどん屋さん

メインはうどん 白うどんはつるつるして粘りのある人気麺
メインはうどん 白うどんはつるつるして粘りのある人気麺
近鉄京都線高の原駅からバスでGO!
学園前駅(北)行きに乗り、押熊北口バス停下車東向きにならやま通りを3分行くと左手にありますよ~。広い駐車場が店舗表と裏にあるので、お車でもどうぞ♪
Theうどん屋な外観の丹永亭さん<br>安心して入れるお店です<br>
Theうどん屋な外観の丹永亭さん
安心して入れるお店です
学園前方面より、ならやま大通りを東進すると、左手にみえてくるこの大きなサインが目印です
学園前方面より、ならやま大通りを東進すると、左手にみえてくるこの大きなサインが目印です

賑わう店内に高まる期待! いざ!うどんなり!!

またまたランチ!楽しいランチ!

チームまいぷれは今回も元気に出動いたしました!!

病み上がりのにっしゃんのセレクトで、胃にも心にもやさしいおうどん屋さん!
押熊の人気店『丹永亭』さんへ・・・つるっとしなやかに参ったのでござる。

着いたのは1時過ぎ。
店の前後にある大きな駐車場は、ほぼ埋まっています。
さすがは、人気店!
「食べるぞ―! うどん!」

最初の扉を入ると石造りのエントランスになっていて、
メニューの写真が並んでいたりして、
期待が高まります。

次の扉をくぐって店内へ。
和民芸風な昔懐かしい雰囲気です!!
椅子は、いくつあるのでしょうか。
沢山並んでいるテーブルのほとんどは埋まっていて、
活気に満ちあふれています。

やはり、お昼時。
「ちゃちゃっと、おうどん!」な気分の人、多いんですね。

「あぃ、ぃらっしゃい!!」と店長さんが威勢よく迎えてくださいました。
店長さんと奥さんがキビキビと、でも丁寧に切り盛りされています。
店員さんのお仕事も早くて、5名分の席もあっという間にセットしてくれましたよ♪

季節によっておススメの一杯が。 豊富なメニュー揃っていてうれしい。

カレー定食(1050円税込)のカレーうどん<br>カレーの出汁はトロっとして、うどんによくからみます
カレー定食(1050円税込)のカレーうどん
カレーの出汁はトロっとして、うどんによくからみます
さあ、何を頼もうか・・・と開いたメニューの分厚いこと!

おうどんメニュー、丼メニュー、セットメニューと豊富にあります。
壁に張り出された写真付きのお品書きも参考にして、
冬向けの一杯を各々選びましたよ~~。

にっしゃん:カレー定食
しげやん:ミニざる定食
梶っこ:おふくろうどん(味噌仕立て)
杉ネコ:ちからうどん
のんちゃん:生姜あんかけうどん


カレーうどんファンな、にっしゃんの渾身のレポートがこちら・・・

カレーうどんで大切なお汁部分・・・ベースになる出汁が効いていて和風味なので、うどんとよく合い、辛さも強過ぎず、万人受けしそう。

とろみ具合は、トロっとして適度にうどんにからまり、美味しく食べれた。カレー用に出されたエプロンに跳ねることもなくGOOD。
ただ、個人的な好みとしては、あともう一歩、辛みととろみがあってもよかったか・・。

主役のうどん・・・腰もあり、大変満足しました。定食だったので、ご飯のセットでボリュームもあり、腹持ちもOK!

うどんは白い普通麺を注文。
次は、茶色い麺をトライしてみたい。

まとめ: 年中楽しみたくなる、カレーうどんファンを唸らせるカレーうどんでした♪
このボリュームで『ミニざる定食』!(1150円税込)なのです<br>バランスのとれたセット!
このボリュームで『ミニざる定食』!(1150円税込)なのです
バランスのとれたセット!
ミニざる定食を頼んだしげやん・・

実は、しげやんは丹永亭さんに来ると、いつもこれが好きなんだそう。
ミニざる定食のボリュームがチョイスの理由。

うどんがうまいわー。 うどんの量と定食の具合がすごくいいねん。
冬でも、僕はいつもこれ! 娘がちいさい時からいつもこれ!

皆さんも、迷った時はいいとこどりなこのミニざる定食をチョイスしてみては??
因みに、ミニと付いておりますが、全くミニではありませんよ~!


さてさて、梶っこちゃんのおふくろうどん。
故郷を離れたさみしさか、名前につられてつい注文した一杯です。

お野菜がたっぷりのって、みるからにボリューム満点!
お野菜は大根などの根菜が中心で、身体によさそう。
まるでお母さんがこどもを想って作ってくれたような・・・・。

主婦になってうん年・・・家事の大変さも身に染みて分かってきたこの頃・・・。
田舎を思い出し、梶っこちゃんは心の中で思わず母を想って涙した・・・
のではないかとのんちゃんは思います。

梶っこちゃん曰く、赤味噌が濃くてしみわたる様な一品は、食べ応え十分。
具の種類や量には東北の豚汁に通じるものがあり、太くてつるつるの白うどんがよく合って、美味しかった♪そうですよ。
おふくろうどん(味噌仕立て)(920円税込)<br>お野菜豊富な一杯です
おふくろうどん(味噌仕立て)(920円税込)
お野菜豊富な一杯です

うどんのバラエティも沢山。こだわっています!

最近、夏の疲れか風邪を引き気味の杉ネコちゃんは
『ちからうどん』
そして、うどんは栄養満点:茶色い玄米うどん。
きりっとオーダーしたその雄姿は、のんちゃんの心に残りました。
「杉ネコちゃん、今日食べる気満々やっ!元気になりたいんやな!!」

力餅のお餅は、きつね色の焼け色がキレイ。
やはり、香ばしくて弾力もあり美味しかったそう。

確かに伸びていました! びよ~んと。
伸びる~!切れない~!はわわっ・・とネコ舌の杉ネコちゃん、
大きなお餅と格闘しておりました。



さて、皆さん、気になってると思われます「茶色いうどん」こと「玄米うどん」。
ここで、ちょっと解説いたします。

さて、玄米うどんとは、その名の通り、無精麦から作られたおうどん。
なので、ビタミンやミネラルといった栄養成分が豊富で繊維質もたっぷり☆
旨みがギュッと詰まった懐かしい味のうどんです。

因みに、丹永亭さんのうどんに対するこだわりはスゴイのです。

・選び抜いた産地で製粉された、北海道産地粉の旨みが溢れる特製麺。

・麺の種類は2種類:つやつやした肌でコシと粘りがある白うどんと、前述の玄米うどん。

・麺の太さ2種類:シコシコした温かなメニューに最適な普通麺(コシの強さが味わいたい方はざるうどんでどうぞ!)と、のどごしよく出汁のノリもよい細麺。


うどんというと、食べた時の食感を感想にあげることも多いと思うのですが、
ご存じでござんすか?

実はうどんは、気が短く忙しい江戸ッ子が食事の時の噛む時間をも惜しんで、つるっと飲むように食べれるから・・・とチョイスしたことから広まったとも言われているそうです。

私も、昔から親に「うどんは噛んだら駄目、つるっと飲みこんじゃうのよ。」
なんて言われていましたが、あながち間違いではなかったようです。


さあ、最後のとりは
のんちゃんの生姜あんかけうどん!

これは、冬に向け、ゴリゴリに一押しの一杯です。
しかも、本日は、ラッキーもラッキーで、生姜練りこみ麺がある日だったので、
文字通りうどんから汁まで生姜で彩られた温かうどんを頂きました。

口の中で爽やかに香る生姜は風味良く、あんかけのトロミは絶妙でした。
トロっとしているのにさらっとのどを通り、身体がどんどん暖まります。
えのきのシャキシャキ感と、シイタケのふくみ煮の控えめな甘さがアクセントになり、
最後まで本当に美味しくいただけました。
そして、身体がホッカホカになりましたよ! 冬に断然おススメです。
ちからうどん(930円税込) 大きなお餅は伸びまーすよ!<br>まさに、力の付く一杯です
ちからうどん(930円税込) 大きなお餅は伸びまーすよ!
まさに、力の付く一杯です
冬にはやっぱりこれ!<br>生姜あんかけうどん(800円税込)
冬にはやっぱりこれ!
生姜あんかけうどん(800円税込)

うどんの美味しさは、やはりうどんが決め手でした

おうどんの違いってお米ほど気にしなかったり、あまり意識せず食べることも多かったのですが、美味しいうどんを食べたら、やっぱりその違いが歴然としていて驚き!でしたー!
そして、太さや切り方や粉の種類など、こだわりポイントの勉強にもなりました。

そんなこんなで、今回も、楽しく美味しくお腹いっぱい♪
丹永亭さんご馳走様でした。
忙しい中、ありがとうございました!

丹永亭の美味しさは、1にも2にもうどん!!でした。
店内には気さくで親しみやすい雰囲気があり、くつろげました。
毎日通いたくなる、そんなおうどん屋さんです。

皆さんも、是非、丹永亭へどうぞ!

詳しい情報はこちら→『丹永亭』
これが茶色い麺 玄麦を使用で栄養満点!
これが茶色い麺 玄麦を使用で栄養満点!
店名 丹永亭 タンエイテイ
住所 631-0804 奈良市神功5-1-4
電話番号 0742-71-6636
営業時間 11:00~15:00(ラストオーダー 14:30)
17:00~21:00(ラストオーダー 20:30) 平日

11:00~21:00(ラストオーダー 20:30) 土・日曜、祝日
定休日 水曜、第3火曜
備考 駐車場あり 13台

人気のキーワード